人生を楽しむためのブログ

Fun to play my life

離婚した人以外は読まないでください

形あるものはいつか壊れる...

 

なんて言われますが、これは物質の場合であって人間関係という形のないものには当てはまらないと僕は思っています。

 

 夫婦はもともと他人同士で「しょせん紙切れ一枚」の関係かも知れません...

 

しかし、たとえ離れてしまったとしても【キズナ】という視点でみたら新しい発見があるのかもしれませんね。

 

 

 

1.離婚は人生の十字架を背負うのか!?

 

4/52 Easter


近年の離婚率は三組に一組、世界では第26位というデータがあります。

 

僕は、この数字が多いか少ないかは何も言えませんし、多くても少なくてもそれぞれが選択した現実なので、それはそれでよいでしょう...

 

ただ、僕も離婚経験者なのでこれだけは言えます。

「あの時にしっかりと相手と向き合っていればと」

 

なので、これから離婚を考えている人・離婚してしまって後悔している人...

 

この記事を読んで参考にしていただけたらと感じます!

 

僕の今の気持ちと離れてしまった家族との関係を簡単に話します。

 

この話をすることは、とても勇気がいる事でした「今でも心臓が止まりそうな勢いです!」

 

けれど、誰かの参考になればよいと思いますし誰かというよりも自分が新しく進むためには必要なことだと思います...

 

それに、実際に素直な気持ちで「ぶっちゃけトーク」をした後ってすごく気持ちが楽になりますし、スッキリした気持ちでなんとなぁく「してやった!!」感があるのは僕だけでしょうか!?

(自分に対してですよ)

 

それでは張り切っていってみましょう!

 

僕が離婚してから何年たったかあまり覚えていません!

3年から4年くらい経ったと思われます...

 

僕はハッキリ言って!年数とか相手の誕生日や自分の年齢まで忘れたりします、忘れるというよりも誰か教えてくれるだろう!!

 

 今年は平成何年だったっけ??と周りに聞いてしまうレベルです(笑)

それも離婚原因の一つかも知れないですね(苦笑)

 

離婚するまでは弁護士に相談したり裁判所に通ったりと凄く苦痛でした。

 

かといって離婚して晴れて「やりました!イェ~イ。ヤッホー!!」って気持ちにはなりませんでした、なぜなら僕は離婚をされた側ですから。

 

今となってはその時に受けたダメージはかなり解消されてきました、当時受けたダメージはドラゴンボールの悟空がフリーザにこれでもか!!ってやられた時よりも深刻でした。

 

ってか、ネガティブワードを何万個並べても数えきれないほど数を並べても言葉では表すことはできませんでした...

 

 

 2.格好や形式だけが人生ではない!

 

The corridor of insane

 

離婚の条件は離れて暮らしている娘に養育費としてお金を払っているだけです、そして連絡をすればいつでも会いに行けます

 

「これは、ホントにありがたい事です」

 

彼女には今は頭が上がりません(笑)

 

ただ彼女からしてもこの決断をするにはかなりの勇気を持ったことでしょう!

 

そして今はものすごく感謝しています!!

 

今となれば婚姻届けや夫婦という形はあまり意味のない事だと思えています。

 

しかし、養育費を払う最初のころは「ふざけんなよぉー!!」「勝手に出て行って、養育費なんか知らねぇ~し!!」「あと15年も払うのかよ!!」「ハァーうんざりするぜ!!」

って感じていたと思います。

 

けれども、離婚して自分は何のために生まれてきましたの!?

なんで、僕はこんな目に合わなければいけないんだろうか??

幸せってなんなんだー!!ってずっとずっと感じていました...

 

そして、一つのプログラムに出会いました。

 

パートナーシップやソウルメイトといった考え方、そして自分の在り方の見つけ方などです。

(プログラムのことは後で説明します)

そして、人間関係は形ではなくキズナが大切なんだとわかりました。

 

結婚していた時はこんな状況になるなんて思ってもいませんでした...

 

というよりも、形があればお互いのキズナなんてあまり大切ではないと思っていたしキズナという言葉すらも意識もしていなかった!!

 

今となればそう感じます...

 

 

3.人間の結びつきとは

 

  f:id:ituki7:20170505195456j:plain

 

離婚の事とは関係ないと思われるかもですが、日本には縁起という概念があります、縁起というのは仏教の元となる概念の一つで「原因がありそして、結果になる」という概念で釈迦が開祖と言われています。

 

日本では一般的に「縁起を担ぐ」「縁起が良い」といった使われ方をしますが、これは神社で使われる言葉で由緒正しいとか功徳利益といった意味で使われているみたいです。

 

釈迦・仏教!?

メンドクサって感じですよね(笑)

 

縁起とは簡単に言うと「物事の起こり始まり」つまり「関係性の中で人は生きてる」ってことです!

 

因縁ともいわれていて物事には必ずきっかけがあり、それには関係性がありそして結果が生じる事になるのです。

 

大きな世界観で表すと地球という物体が存在し、地球と自分が関係があるから「自分はこの世に存在している!!」ということで、図で表すと...

 

   Wikipediaから引用     

f:id:ituki7:20170504220440j:plain

 

ってことになるんですけど...

 

超簡単にいうと、世の中でお父さんとお母さんが出合い僕たちがこの世に存在しているってことです(笑)

 

 つまり、僕と彼女が地球の中で何かしらのきっかけ原因があり出逢って恋に落ちたんです!

 そして、僕は彼女にお腹を痛めてもらい娘を産んでもらえる関係にまでなりました。

 

このような概念を知ってしまった僕は、簡単に「離婚した!ハイ!!人生リセット~!!」っといった気持ちにはなれなかったんです。

 

ただ、この縁起という概念は最近知ったんですけどね(笑)

 

けれど、離婚する前から何かしら自分の中でそれに対し気持ちが悪く紙切れ一枚の関係なのに簡単に縁を切るという事に気持ちがザワザワしていたことは今でもはっきりと覚えています。

 

 だからというわけではないですが、お互いが何かの関係性の中で出会い家族になり彼女はお腹を痛めてまで自分の娘まで授けてくれたのですから!

 

だから、簡単に縁を切ることはできないと思うんです。

 

「女々しいやっちゃで~!」「新しい人生歩めばいいじゃん!!」って言われても仕方ないですし、何度もそう思いました...

 

けれども、産まれたばかりの娘を抱きながらとても幸せそうにしていた彼女の笑顔を「今でも僕は忘れる事ができません!」

 

たとえ、一緒にいなくても応援することぐらいはできますから...

 

 

4.相手の感情を良くするツールの一つでよい

 

Short Circuit

 

一緒にいなくても連絡を取ることはできます「明日は休み?娘が遊びたがっているよ!」とか「いつも子育てありがとう!来週誕生日だったでしょ!?たまには一緒にご飯でも?」

 

ってな感じで連絡は取りあっています。

 

その時に気づいたんです、僕は彼女と娘の感情を良くすることができる人間なんだと!

 

一緒にいたころは自分の都合でしか家族と過ごしていませんでした。

 

 「稼いでお金さえ家に入れていれば!」「これだけ頑張っているから黙って家事をしろよ!」

って感じで…

 

でも、失って離れてみて人間関係の大切さに気が付きました!

 

なのでこれからは「彼女と娘のアウトカムを満たせる人間になります!」

 

これは、離婚したから嫌な思いをしなくて気楽だよって話ではありません!!

 

お互いが嫌な気持ちにならない程度に就かず離れず「応援できる」一人で良いと感じています。

 

今は、ある方のおかげで人間関係はいつからでも再構築できると思えるようになりましたし、一度つながった縁は自分で切らない限り繋がっているキズナだとも感じています。

 

 最後になりましたが、僕がパートナーシップを学んだプログラムになります。

 

「もう夫婦じゃないじゃん!」「離婚する前に学んどけよ!!」と突っ込みが入りそうですが(苦笑)

 

人間は、失ってからか失う危機感がないと行動しない生き物です。

 

しかし、僕は失ってからでも自分のありかたに気づけたことが幸いです。

 

興味がある方は下のリンクからどうぞ!!

 

jyosui.com

 

 では、最後までお付き合いいただき

 

ありがとうございました(^^)