人生を楽しむためのブログ

Fun to play my life

今まで持っていた自分の【美徳】を手放してみる

   f:id:ituki7:20170421200554j:plain

 

自分が歩いた後に道はできる

誰かが言っていたような気がします。

 

自分の持っている美徳はとても大切です。

 

この美徳によって自分のこれからの方向性や今までやってきた人生が正しかったと確認できるものですから...

 

しかし、この美徳を持ち続けて苦しんでいる人がかなりいると思います。

自分の正しさに押しつぶされてはいないでしょうか!?

 

なので、この美徳を一度手放してみることにしましょう。

 

1. 自分の美徳=自分の正義

    justice #2

美徳とは、美しい徳行、良い行い、など言われていますが要するに善悪で言ったら善でそれぞれの人が正しいと思っている行動です。

 

世間一般的にとか常識ではとか普通はなんて使われることが多いかと思います。

 

例えば、

・会社に遅刻してはいけない

・仕事は真面目にしなくてはいけない

・挨拶はもちろんするほうが良い

・ご飯は必ず決められた時間に食べる

 

こんなところでしょうか?出そうと思えばもっと出せますがやめときます。

カッコイイですね、ルールを守って決められたことをきちんとこなす!!

 

できるヤツって感じですかね

 

しかし、本当にそうでしょうか?

なんとなぁくストレスがたまりそうではないですか!?

 

私は、この決められたルールを守るってことが苦手ですので...

 

ただルールを守りキチンと物事をこなすことを批判したりはしません。

逆にこういったことをキチンとできる人が羨ましいです。

 

ただ、全部が全部こういったことをしてしまうと私はストレスが溜まりますし苦手な部類だってことです。

 

私の近くにもいるんです、何かしら形から入りその通りに物事が進まないと途端に機嫌が悪くなる人が!!

 

まぁ、それがその人の美徳であって正しさなわけなので否定派できませんけれどね。

 

ただ、そんなことを押し付けることを正しさに持っているとメンドクサってなりそうですけどね...

 

2.美徳を選ぶよりも楽しさを

    f:id:ituki7:20170421201738j:plain

 

正しさに生きるって格好はいいし、会社、世間に認めてもらいやすいとは思います、しかし窮屈なんですよね。

 

自分が本当は正しさを選んでも楽しくないし、やればやるだけ苦しくなってしまうんです。

 

なので、あえて楽しい方を選択して今まで自分がやったことがない選択をしてみるんです!

 

先ほどの例で

・会社に遅刻してはいけない

今日はいつもより10分遅く家を出てみよう、そのかわりにタクシーでいってみよう!

 

・仕事は真面目にしなくてはいけない

ずっと真面目だと退屈で疲れてしまうから、今日はいつもよりスローペースでやってみよう!

 

・挨拶はもちろんするほうが良い

挨拶は大切だと思うんだけど、笑顔の人にだけ挨拶してみよう!

 

・ご飯は必ず決められた時間に食べる

お昼ご飯はいつも12時だけど、11時に食べてしまおう!あるいは12時50分から早食いにチャレンジしてみよう!

 

これは、できる人とできない人がいると思うので自分の出来る範囲でお願いします...

 

辛い思いよりも楽しい思いを選択できたらなんだかうれしいですよね!!

 

いつもの正しさの選択から自分の気持ちに正直にしたがって一日を過ごしてみましょう。

 

きっと楽しさの選択がクセになるかと思います、生活にメリハリができて効率よく仕事ができたり、いつもと違う景色が見えていつもと変りない自分やまわりが別世界に変わってしまうかも知れません。

 

3.まとめ

今まで自分は本当はこうしたいのに、こうなりたいのにと感じていたかと思います。

 

一度でいいので自分の正しさの枠を広げてみてはいかかでしょうか?

 

これをすることで今までにない自分を発見できたり、周りの景色が少しづづ変わってくることが実感できるのではないのでしょうか!?

 

それによって新しい選択肢がドンドン増えていきますし、自分で選択できる喜びも感じることができます。

 

今まで自分は無理だと感じていた小さい頃の夢だったり、伸び悩んでいる事なんかも実現できてしまうかも知れませんね。

 

人生とは自分を見つけることではない。 人生とは自分を創ることである
Life isn’t about finding yourself. Life is about creating yourself
バーナード・ショー

 

 

では、最後までお読みいただきありがとうございました。